--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.16

セサミ MRI検査~手術

セサミの様子です

前日からトイレに連れだしても全く腰が上がらずトイレは出来ませんでした。
24時間以上出ていないので、MRIを撮りに行く前に埼玉のT病院によってレントゲンと予約票とお手紙をいただきついでにごまのおチッコをカテーテルで出してもらい、痛くて首がずっとピクピク震えているのでステロイドと抗生剤の注射をしていただきました。
車の中で薬が効いてきたようで久しぶりに気持ち良く寝てくれました。

そして、MRIの画像からみると、首の骨の二番目と三番目の間が脊髄をかなり圧迫している事がわかりました。
MRIを撮って下さったところの先生にも簡単に説明はしていただきましたが、後は病院に戻って詳しい説明を聞いて下さいとのことでMRI画像を持って早々に夕方の帰宅ラッシュにぶつかりながらもT病院に18時過ぎ着きました。

首MRI


やはり、かなり圧迫しているとの事。
首はたとえで言うと土管の中に神経など入っていてわりと余裕があるそうなので麻痺がすぐには出てこないそうなのです。
しかし、神経を圧迫して麻痺が出てくるともう元には戻らないそうです。
画像をみても手術をしないと・・・
ただ、首はかなりのリスクがあるのと 医院長のM先生が金曜日から学会に出ているので話をするのが月曜日との事。
また、来週は手術の予定がかなり入っていて入れるとしたら木曜日頃。。。

担当の先生には手術はやる方向でお願いし、医院長のM先生とは今日の月曜日の朝に直接お話しして決める事にしました。
代表に報告して、手術をしてもらいたいと連絡しました。
色々な方からの色々なアドバイスはありましたが、私は手術を・・・と。

土曜日は家族はみんな出ていて私ひとりだけ・・・
ごまの様子をみていて、あまり状態も良くなく とても心細く何かあったらどうしよう。。。また手術をと決めたけど呼吸が止まったらどうしよう。。。と同じ事を何度も何度も考えて・・・考えるとひとりでメソメソしてばかり。。

息子が早めに帰ってきてくれて、ごまにお守りを買ってきてくれました。
きっと神様も守ってくれるね。
201502141.jpg

日曜日は前の日よりもまた状態は良くありません。
朝ご飯を食べた後その場でおチッコがダラダラと出てしまい漏らしてしまいました。
夕方もまた漏らして・・・
足も踏ん張る事が出来ずペタンと座って首がプルプルずーっと震えている状態。
サークルの中では目は虚ろで横になったまま。。。
見ているのが辛い状態でした。

201502162.jpg


早く痛みをとってあげたい。
麻痺になってしまう前に手術が出来れば・・・・

夜も何度も気になって気になって覘き込んではごまの様子を確認しました。


今日の(月曜日)朝、念のため朝ご飯を食べさせないでいました、その後M先生とお話をして今日の午後すぐにしましょうと言っていただけてどれだけホッとしたか。
そして、M医院長の「リスクはありますが、大丈夫、失敗したことないですから。祈ってってくださいね。」の言葉にどれだけ安心したか。

(頭はずっと下がりっぱなし、金曜日から食べているのに痛みのせいで体重が200gも減っていました)
201502161.jpg


午後、麻酔が覚めたら連絡しますと言うお話でしたが、時間になっても連絡がなく何をやっても手につかず、時間的に手術より麻酔から覚めないのか?ダメだったのか・・・最悪の事が頭をよぎりました。
やはり、私の判断が間違っていたのかな。。。とも思いました。
30分経っても40分経ってもかかって来ません。
もう怖くて電話に出られないので仕事を休んでいてくれた主人に携帯を渡し場所を離れました。。。

そのすぐ後声が聞こえてきて・・・恐る恐る見てみると話しながらOKと合図をしてくれたので、いっきに力が抜け安堵感でいっぱいになりました。
ごまは麻酔の覚めが悪かったらしくそれで時間がかかったようです。
(以前の歯科治療の時も術後低体温になってしまったので麻酔自体が合わないのでしょう)

ひとまず、先生から「バッチリ2ヵ所とも取れましたから大丈夫ですよ。」との事。

良かった・・・本当に良かった。。。
助かって良かった、これで痛みがなくなってくれる。

代表に報告をしてひとまず安心しました。

また明日(火曜日)連絡が入るのでその様子はまたご報告いたします。

ごまは良くなります。たくさんの応援ありがとうございますm(__)m

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。